迷走ITProですわな~

ITPro駆け出しによるブログ。ゆるくいきます

SharePoint REST サービスによる Microsoft Flow の拡張と SPD 連携

SharePoint Online(SPO)にて、ちょっと複雑なワークフローを作る際に色々得るものがあったので備忘録を兼ねて。

SharePoint クライアントサイドAPIについて

SharePoint のクライアントサイドAPIの使い分けについては、この辺りを読めば良い感じですね。

んで、今回利用する REST API はこれ。

SharePoint におけるワークフローについて

SharePoint は長らく SharePoint Designer(SPD) でワークフローを作成するというのが主流でしたが、SPD の開発停止発表、Microsoft Flow の機能強化、さらには Microsoft 内外とのサービス連携が活性化してきた昨今、SPD でのワークフロー作成もそろそろ不要になる流れです。
まだ Microsoft Flow 側のアクションが心もとない感じではありますが、下記の記事にもあるように SharePoint REST サービス呼び出しで機能補間が可能です。

ということで、「もう SPD いらねーな」と思っていた矢先・・・( ^ω^)

※処理対象のリストに参照列が13個以上含まれていると、REST APIがこけて詰みます。

ということでメインテーマ

SPD - Microsoft Flow 連携による Lookup 閾値の回避(イベント編)

結論から言うと、SPDでイベントハンドルして必要な情報だけ Microsoft Flow 側に Http Callで渡すことで回避できました。
※今回はイベント時のエラーでしたが、Flowによる操作対象がLookup閾値を超えている場合、別の工夫が必要かと思われます。
詳しい方法は、以下が参考になるかと。

Microsoft Flow での実装のほうが、デバッグやエラーハンドリングも捗るので、できるだけ Flow に寄せていきたいですね。

  • SPD 側の実装イメージ

f:id:michaelowen628:20180424173755p:plain