迷走ITProですわな~

ITPro駆け出しによるブログ。ゆるくいきます

SharePoint Server 2013 利用状況ログについて

ちょっとSharePointネタで最近ハマったものを投稿します。

SharePoint Server 2010から移行する場合等は特に注意していただきたいのですが、SharePoint 2013から利用状況分析機能が大きく変化しています。
SharePoint 2010でアクセス解析等を行う場合、Web Analytics Serviceを使っていたと思いますが、こちら2013以降廃止されています。
SharePoint 2010 から SharePoint 2013 への変更点

で、2013以降代わりに利用状況レポートがあるのですが、これが少し曲者です。 検索クエリの分析等は問題なくできるのですが、利用状況のレポートをダウンロードしても数値がカウントされていない・・・?
f:id:michaelowen628:20170513150923p:plain

色々調べていると、どうやらStandard Editionでこのレポートは使えない!?との情報有り。
公式ブログ見てもUsage Reporting and LoggingUsage AnalyticsYesになってるけど大丈夫か(笑)
SharePoint 2013 onpremise edition comparison chart – SharePoint & Cloud

で、さらに色々調べているうちに以下のようなブログも発見。
SharePoint 2013 – Usage Analytics (the story) – SharePoint Support Blog PowerShell Script to Workaround No Data in SharePoint 2013 Usage Reports | The Frog Pond of Technology

ブログに記載の下記コマンドを実施してReceiverを追加してみたところ、確かにアクセス数が記録されるようになりました。
※コマンドの英語の部分を一部日本語に変更する必要がありました。

$ad = Get-SPUsageDefinition | where {$_.Name -like”分析の利用状況”}
$ad.Receivers.Add(“Microsoft.Office.Server.Search.Applications, Version=15.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=71e9bce111e9429c”,”Microsoft.Office.Server.Search.Analytics.Internal.AnalyticsCustomRequestUsageReceiver”) 
$ad.EnableReceivers = $true

$pd = Get-SPUsageDefinition | where {$_.Name -like”ページの要求”}
$pd.Receivers.Add(“Microsoft.Office.Server.Search.Applications, Version=15.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=71e9bce111e9429c”, “Microsoft.Office.Server.Search.Analytics.Internal.ViewRequestUsageReceiver”)
$pd.EnableReceivers = $true 

ただMSのサポートにも問い合わせたところ、やはりこの機能はStandard CALでは使えないものとなっているようで、上記ブログの手順で有効化した場合は未サポートとなる旨の回答を頂きました。
ご利用に際してはご注意下さい。